イタチの被害

イタチ駆除は専門の業者に依頼しましょう

夜になると天井裏から泣き声のような音が聞こえたり、ドタバタと音がして眠れなかったり、また動物の獣のような強烈な臭いが部屋に充満するようだったら、それはイタチが天井裏に住み着いているからかもしれません。そのような時のイタチ駆除ですが、イタチは鳥獣保護法によって保護されるものですので、駆除目的でも捕獲などを個人で勝手に行うと罰せられてしまう可能性があります。またイタチは獰猛で、感染症などを引き起こす衛生害獣なので、かまれたりすると怪我をしたり病気になったりする恐れがあるので、イタチ駆除ができる専門の業者などにおまかせした方が良いでしょう。イタチ駆除できる専門業者はインターネットなどで簡単に調べて依頼することができます。駆除への流れとして一般的にはまず被害の状況を業者のホームページのお問い合わせフォームに入力したり、または電話で直接相談を行うなどしたあと、現地調査を行って実際の被害状況を確認して見積もりを行い、見積額に納得した場合は契約し、実際のイタチ駆除を開始するというプロセスになります。

イタチが増えている理由

それはなぜかというと、イタチが都心部の民家などの伝上裏などに住み着いてしまい、被害が増えているからです。その理由としてはもともとはペットとして飼われていたフェレットと呼ばれるイタチなどが脱走したり、手に負えなくなって捨てられたりしたものが野生化して増えてしまったものもあると考えられています。また被害を及ぼしているイタチの多くがチョウセンイタチという種類ですが、チョウセンイタチは1930代くらいから流入して日本に住み着いたとされていて、時代が新しくなるにつれて、在来のニホンンイタチを山へ追いやり、郊外化した日本の住宅環境に適応するようになって住宅の屋根裏などに住み着き数を増やしていっているからとも考えられています。