イタチに注意

イタチの特徴・特性を知る

イタチは雑食性の動物です。日本固有種と外来種が多く生育しています。ペットとして飼われていたものよりも、野生種やねずみ対策のために繁殖させたものも多く日本全国にいます。柿や梨などの果物も食べ、肉類も食します。家畜やペットが食べられてしまうこともあります。イタチの被害には、果物農家だけではなく、家庭菜園の野菜や果物、ペットが被害に遭うこともありますので深刻です。またアライグマ同様に住宅に入り、住み着くこともあります。断熱効果があり雨風が凌げて、食料になるネズミもいるので、巣に最適だからです。また糞尿も住宅にしてしまうので、出来る限り早くイタチ駆除する必要がありますし、かつ入ってこなくする対策を取ることが大切です。

イタチ駆除の具体的な方法

イタチ駆除は、イタチ駆除業者に依頼する、罠で捕獲する、イタチの嫌がる環境にする方法があります。入ってこなくする方法には、出入り口に忌避剤を設置する、巣のあると思われる方向に光を当てることで、人に見つかったと思わせることが出来ます。天井などでイタチかと思われる物音がした際は、はっきり肉眼で確かめられなくても、一応懐中電灯等で試してみます。住み着こうとしている段階で食い止められる可能性が高くなります。住み着いた場合、ペットに危険があることは勿論台所を荒らされることにもなります。クレゾール石鹸液や木酢液を巻いたり、容器に入れて、臭覚の優れたイタチが住みづらい環境にしておくことで、追い出すことでイタチ駆除になりますし、新たな侵入を阻止することも可能になります。